onlyone デザイナーズプランホーム > オンリーワンデザイナーズプランの魅力
何がきっかけでオリジナル墓石を考える方が多いでしょうか。
モニュメントディレクター(以下MD)  実際に霊園に行かれた時にオリジナル墓石を見られた方がや はり多いですね。みなさんお墓に対する今までのイメージが大きく変わったとおっしゃいます。お墓と 言えばどうしてもネガティブなイメージが強いものですが、お会いしてお話をお聞きするとお墓自体を 前向きな視点で捉え直している方が増えてきていますね。
それはどんなことから感じますか。
MD  オリジナル墓石に出会ったお客様の、たった一つしかない自分の人生や個性を何かのカタチに
して残したいという気持ちが伝わって来るんです。自分の個性をお墓で表現すること。その素晴らし
さを知ったとおっしゃる方もいました。またお創りするのが故人のお墓の場合は、どれほど共に過ご
した時間が素晴らしい思い出になっているか。故人と出会えた人生がどんなに素敵だったかなども伺
うことができ、思わずこちら側も感動してしまいます。
お客様のイメージをカタチにする上で大切にしているのは何ですか。
MD どのようにしてお客様の持つ想いをたくさん引き出し、それを全体の中でどうアレンジしていくかですね。
具体的にはどんなことでしょうか。
MD  今までは「野球が好きだったから」と、バットやボールを墓石
にそのままデザインするというデザイン方法でしたが、私達は野球
を好きという気持ちに対してもう一歩踏み込んでお聞きし、それを象
徴的に表現できないかを考えます。そして例え本人を知らない人が、
その墓石を見ても人柄や家族の想いが感じるものに仕上げます。
オンリーワンデザイナーズプランに携わる方にとって墓石とは何でしょうか。
MD 一つひとつに対してたくさんの時間と創造力を注ぎ込んで完成させていく訳ですから、私は、その墓石を「作品」と呼んでもいいと思っています。ただし、そこには他の彫刻やモニュメントはちが
う大きな点が一つあります。
それは何でしょうか。
MD 作者が一人ではないということですね。オンリーワンのデザインの作者には制作サイドの私達
だけではなく必ずお客様がいるんです。そしてそれが何より大切なことだと感じています。ひとりで
デザインをすると、お客様不在の自己満足に陥りがちです。だから、まず私たちはお客様の想いを
じっくり聞くところから制作が始まります。その後もお客様が納得されるまで平均3回以上は打ち合わせを重ねデザインの修正や提案を行ないます。最終デザインの決定に至るまで、それはまさしくお客様との共同作業です。だからこそ墓石が完成した時は本当に私もお客様もいっしょに喜べるんです。その素晴らしさを知って墓石づくりがやりがいのある素敵な仕事だと思うようになりました。
お墓についてのイメージも変わりましたか。
MD 私も多くのお客様と同じくお墓はどこか暗いというイメージを持っ
ていたんです。でもオリジナルの墓石の制作に携わってから、お墓
は、自分の個性や故人への愛情表現ということが実感でき、もっと
温かいものだと思えるようになりました。今後、墓園がまるで散歩
のような気分で行ける明るい場所になればいいと思いますし、そのた
めにもより素敵な墓石を創造していきたいと考えています。